<< 29の秋 | main | 大阪、京都、名古屋。東京ワンマンまで >>

スポンサーサイト

  • 2017.11.13 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


big pinkツアー思い出書き&ワンマンにむけて

あっという間にbig pinkツアーも残りワンマン三本になってしまいました。


まずは札幌2DAYSを振り返る、どちらも素晴らしい思い出。

初日金曜日sleepy.abと夢の2マンライブ。
美しく、儚く、天に昇るようなスリーピーをリハからじっくり観られて感動でした。個人的には札幌の憧れの先輩だったので胸一杯になりました。ギターの山内さんの音やプレイングには楽器は違えどシンパシーを感じていて、音に求めるもの(感情に寄り添って来る優しい音、とかサプライズ感のある音、とか)が近い気がしてたのを話して確かめることが出来ました。
sleepy.abとオワリカラ、相対する静と動って感じになると思いきや、求める到達点は似ていて、違いは色の濃淡のようなものだったのではないかと感じました。
ボーカル成山さんに良い2マンだったね、と言ってもらえたのが本当に嬉しかったです。


そして2日目。お世話になっているひでさんに札幌のバンドをたくさん集めてもらってあったかいイベントだった。
どのバンドも独自の面白さを開発、表現していて見応えがありフロアも盛り上がっていて札幌の音楽シーンあったまっているなあと思った。
同じ地域のバンドって似た音楽性になりがちだけどそれが無くて、個々に尊重しあってる感じが良かった。
僕らも冷静な良いライブが出来た。
(この日はツダ君がお酒を一滴も飲まずにライブした。とても高評価だった)

打ち上げでもシアターキノの人と知り合ったり、前日のライブハウスのPAさんが来てたり、分け隔てない感じがとてもよかった。東京で全然会わないFarFranceハナフサとも割と話す。終電をとうに過ぎてタクシーで実家に帰宅。

次の日シアターキノに映画「FOUJITA」を観に行き、月曜に東京へ帰還。



東京に帰ってからは小旅行し温泉で疲れを癒したりしつつ、「下北沢にて」を経つつ(バンドが政治を変えるってことは歴史上そうそうないけど、いまのTHEラブ人間は下北沢の活気を一片に持ち上げてしまえるくらい、偉大な存在になる雰囲気がある。)、スタジオでワンマンに向けて練習する日々でした。
サングラスが出来上がったり、他にも色々仕込みをしたり。
(言葉にすると毎日色々なことが起こっているんだな)



そしていよいよbig pinkツアーファイナル東名阪ワンマンシリーズがはじまります。

今日は大阪です。
近頃は色んなバンドがワンマンライブしてますね、今日はグドモが武道館、ラージハウスサティスファクションもワンマンだ。 明日はシスタージェットもワンマンだ。

ワンマンの何がいいかって言ったら純粋にバンドとお客さんが一緒にドキドキワクワク出来ることだと思います。バンドも一生懸命準備するし、お客さんも気合い入れて楽しみに来てるし。
一緒にドキドキワクワクして大感動を生みましょう。
実は東京ファイナルではさらに特殊な仕掛けを用意していますので、よりお楽しみに。




最後に、big pinkとは何かと考える。





ぼくにとっては豚ですね。
豚の天使って感じ!



では〜


スポンサーサイト

  • 2017.11.13 Monday
  • -
  • 10:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
music
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

インディーズバンド試聴サイトaudioleaf