苫小牧の猫の話。

久々にブログを書きます。

オワリカラは今まさにラブリー開発ツアー中!今回は全国22ヶ所に会場限定シングルを届ける旅です。昨日11/11は8本目・苫小牧(とまこまい)エルキューブでライブでした。初苫小牧!ライブするのも札幌出身の自分が訪れるのも初でした。新千歳空港から車で40分位、札幌より空港からは近くてスムーズにライブハウス到着。エルキューブは洒落てて感じの良いライブハウスで出音もバシッとスムーズにリハ完了!そんな訳でリハ後は苫小牧を散策。初めての土地ではまず散歩が楽しい。調べたら温泉があるらしいが、徒歩一時間先。行けるか?と歩きだすもののさすがに北海道の11月冷え込みに断念…。ではとりあえず苫小牧駅を見てみようと駅に向かいました。

それで駅に着いて南口の階段を改札階まで登ったところにちょこんと猫がいたのです。

前足もたたんでじっと佇んでいるので、道行く人も何故ここに猫?という感じで気にしたり遠めで見守ったりして。そしたら中学生位の女の子が来て猫の前にしゃがんでどうしたの?って感じで何かお世話しようとしてたので僕も気になりつつ素通りしたんです。とにかくそこに猫がいるっていうのは何かとても不思議な感じだったんです。

それで北口方面に出て散歩続けようとしたんですが駅のコンコースと外ではだいぶ寒さが違ってとりあえず暖をとるため改札横にあったカフェに戻ってホットコーヒーを注文しました。実はそのカフェの端の席はさっきの猫が見えるポジションでコーヒー飲みながら猫の様子を観察してたんですね。

 

さっきの女の子が友達と缶詰あげてて猫は置かれても食べなくて口元に持っていたらちょっと食べるみたいな感じで。目が見えないのかな?たしか目閉じて座ってたな、と。眠いにしても人通りあるところで寝るかな?どうか温かいところにいて欲しいなぁとか考えながらコーヒー飲んでたらいつの間にか猫はいなくなっておりました。お、良かった。誰か温かいところに連れてってくれたかな、ひと安心。と思ってカフェ出てライブハウス戻ろうと階段くだってたら下からさっきの猫がちょこちょこと一段一段登って来てたんです。それで、え?と思ったら目が閉じちゃってる感じであまり見えてないのかなと思ってしゃがみこんだらこっちに寄ってきて。ちょうど僕がロングコート着ててしゃがんだら風除けになってあったかいのかお尻の下からコートの中に猫が潜り込んで来たのです。そのまま出なくなっちゃて、えー?!ってなりながら道行く人もあらあらみたいな感じで。

よく見たらその猫の背中がケガか荒れか皮膚見えちゃってるとこがあって弱ってるようなんです。

それで困ってたら偶然タカハシ君とマネージャーが通りかかって猫なついとるやんってなりつつ様子話したらどこか連れてくか?となりまして苫小牧の保護施設調べて電話かけてひとつはダメだったんですが動物病院はあいてたのでライブハウスに戻って車借りて連れて行こうとなりました。

その話してる間にも本州からオワリカラ見に来てくれたお客さんに遭遇して知り合いの猫詳しい人に電話でケガの対応聞いてくれたり、タクシー乗り場に猫の溜まり場があって4匹の野良猫がそこで誰かに餌もらいながら暮らしてる事がわかったりしました。猫をコートの中に入れたまま溜まり場に運んだらやはり寒いのかすぐに駅構内の方に戻っていっちゃって、他の猫は外いるけど、この駅猫は弱ってるから寒いんだろうなぁと。

それでライブハウスもどって事情話したら車お借りする事ができたので駅前から猫を病院に連れてくためにマネージャーと二人で車をまわしました。まだいるかなと駅戻ると階段の踊り場に餌皿と猫を発見。目あいてないしやっぱり病気かもとそっと近づいて体持ち上げたらさすがにびっくりしたのか暴れて苦戦。

すると、ちょうど駅猫情報を聞きつけて心配した人が駅に現れて大丈夫ですか?声かけてくれました。○○病院に連れてくんですと事情話したら、ああ良かったですと、誰もいなかったら自分は苫小牧近辺に住んでてなんとかするつもりでしたと。優しい方で猫を車に運ぶのを手伝ってくれました。お礼言って何とか出発。車の中は暖房つけてたので猫は大人しくしてました。やっぱり寒かったんだろうなあ。猫の匂いがぷんぷんしてて、よく見たら割と大人猫?で人馴れしてる感じもある。とりあえず温かいところにいられてよかった。

病院に着いて先生に診てもらったところ、疥癬(かいせん)というダニによる皮膚感染症の典型的な症状との事。そしてひどく進行していると。この猫も溜まり場でうつされた可能性が高く、そのコミュニティ自体を治療しないと治りにくいのでとりあえず薬で抑えて様子見するしかないですね、という診断でした。

もともと野良猫で僕らで東京まで連れていける訳でもないし、治療が終わったら溜まり場に戻すしかないね…と話していたのでとりあえずの治療と予備の薬だけもらいライブハウスの人にお願いしてまた見かけたら1.2週間後に薬を与えてもらおうという話をしてよく手を洗い病院を出ました。診察室が温かかったので猫は丸くなって一番くつろいでました。

車で帰ろうとしたらさっき駅前で手伝ってくれた人がなんと病院に様子見に来てくれていました。それで病気と薬の事話したらホントは家で保護したかったけど既に猫2匹いる事や小さい子供もいるので厳しい、でも駅前にいたら様子を見に行く事は出来るという事だったので予備の薬を渡して猫の様子見を託しました。何かあったらという事でマネージャーも連絡先を交換しました。タクシー運転手さん達が猫の溜まり場の世話してる事も教えてもらいました。

それで猫は駅前の溜まり場に戻す事に。すまんが頑張って生きてくれよ!と思いながら溜まり場に運んでバイバイ。

とりあえずやれる事はやった。あの猫見てくれる人にまで出会えて本当に運が良かった、あの猫持ってるなあ!とマネージャーと話す。初めて来た苫小牧でこんな経験するなんて不思議で印象深い場所になったなぁと思いながらひとまず一件落着に安心したのでした。

そして本来の目的の為ライブハウスに戻り対バンを観賞し自分の出番前に備えていた所、直前にマネージャーから報告が。はじめに電話してダメだった保護施設の方からやっぱり心配になって駅前に見に行きますと電話があったと。なんと運の強い猫だ!とひと盛り上がりし、ライブへ。ビシッとした良い感じのライブができた!なんかありがとう猫と思い物販フロアに戻るとマネージャーから猫は無事保護されたとそしてお誘いしたら保護施設の方がライブ見に来てくれたとダブルの報告(笑)

施設の方は160匹保護していて家にも60匹いるというまさに猫スペシャリストで駅猫は老体でこれからどうなるかわからないけど温かい所で栄養与えて保護しますねと言ってくれました。本当にラッキー猫!ライブも楽しかったと言ってくれて良かったです。

 

と、大変長文になりましたが苫小牧の猫の話でした。ちなみに関わった方達と猫の名前を決めましょうという話になり「とまこ」にしました。苫小牧駅にいたのでね。オスかメスかわからないで付けたけど結局オスだったみたいです。でも「とまこ」いいんじゃないかな。温かい所で達者でね。


 

保護施設「猫の隠れ里」さんのブログに猫とオワリカラの事を載せて頂きました。

 https://ameblo.jp/nekonokakurezato/entry-12327638531.html

ツアーは続く!

12/11渋谷ワンマンまで俺も元気に頑張ろう!


4/23真昼のミステリーセッション写真館

 

少し時間が経ちましたが、4/23オワリカラ カメダ企画「真昼のミステリーセッション」大盛況にて無事終了いたしました。

ゲストのReiちゃん、石崎ひゅーい君、ご来場の皆様ありがとうございました!

良い写真があるので曲名と共に大量アップ!(Photo by 勝永祐介)

 

1.teardrop

2.ドアたち

 

w/石崎ひゅーい

3.夜間飛行(ひゅーい君、腕をつる)

4.3329人

5.さよなら、東京メリーゴーランド(ひゅーい君弾き語り)

6.花瓶の花(カメダと二人で。チャーチ風アレンジ)

w/Rei

7.Cinnamon Girl(カメダとリズムトラックと)

8.Route246(Reiカメダカワノの3ピースで)9.BLACK BANANA(Rei with オワリカラで。大爆発セッション!)10.踊るロールシャッハ(オワリカラの曲に参加してもらいました!ギターバトル)

初期のオワリカラゾーン

11.泣かないで(2009年のDEMO CDに入れてた曲)

12.yasashii(未音源化曲、2008年頃に1度ライブでやってお蔵入りしてた。小文字が正式表記だったかも?)

2017年のオワリカラ

13.ラブリー(仮)※新曲  最近こんな感じの曲作ってます。バンドやって楽しいのは新曲を作る度に新鮮な気持ちになれる事。 アンコール.Q&A みんなで。幸せな空間だったなあ本当に楽しいライブでした!ありがとうございました!!

このReiちゃんすごくカッコイイネ!


このあと昼から打ち上げして、ひゅーい君とオワリカラBaツダ君は終電逃すまで飲み続けたらしい!

 


フラッシュ煩悩

寝なきゃなあと思って布団に入ったら、思いがけないメロディ、アレンジ、リミックスが降りてきてちょっとピアノを触ってまた布団に入る。を、毎夜繰り返している。この現象はなんなのか。
去年末よしむらひらくに俺年内にソロアルバム作るぜと言って、結局完成しなかった。それがあったからか年末が近づくと今年こそ作らなきゃ(作れるのか、、?)と焦り始めている。
2016年は音楽的刺激が多かった。ありがたし。振り返り作業に入りつつ、来年やりたい事を頭に並べている。
個人的反省は多々あれど良い感触のライブを沢山出来た、良いライブも沢山見た。どちらも演奏の温度と客席の空気が混ざり合って高め合ってく感じ。ハートウォーミングというやつなのか。ピリ辛でちょっと理解不能→気づいたら楽しい、ってのも好きなんだけど。トリップ?気づき?そのためには演奏の精度。機械になりたい訳じゃないが演奏の精度があがればよりテクノに伝わるはず。脳に。
一昨日、観に行ったwash?ワンマン。自分にとってはオルタナグランジのレジェンド、ヒーロー。しかも今が最高に格好いい。大さんのギターのファズ+リバーブで重低音の壁が出来てた。スリーピースの機能的な所が好きで、三人バンド組んでみたいなとよく思う。が、wash?を観て分厚いウワモノと情熱的なソロがあればもう最高な気分になっちゃうね、と。計算はしつつ、もっと大胆な余白を入れてこう。
アイドルネッサンスの皆さんにも大変お世話になった今年。お互いカルチャーショックだった気が。一緒にスタジオ・ライブを重ねて彼女らのプロフェッショナルな姿を見てきた。年齢に大きな差はあれど、共にステージに立てば同じ責任感。こちらがサポートして、とか引き立て役で、ではなく、ある種対等にバチバチ刺激しあって行く事が真っ当だと感じている。にしてもこの異色な組み合わせは面白くなる余白がありすぎて、ロックンロール(最高)だなと思う。さらなるグッドバイブレーションを求めて。
などなど。

秋!!

オワリカラのワンマン前にブログを書いてたのですが率直な気持ちを込めて書いたら内容がネガティヴだったのでお蔵入りしました、すみません!

そんな気分を吹き飛ばすほどワンマンは格別でした。音、映像、光。五感を刺激するライブの世界をもっと広げてゆきたいです。12月は真昼の実験惑星でワンマンとはまた違うアンニュイな側面を披露しようと思っています。ご期待アレアレア

最近は様々な現場で色々な方とスタジオに入っているのですが、バンドマジックって凄いなぁと毎回感動しております。バンドが育つ過程って本当に面白いのです。
僕は特にピアノと格闘しています。非常に体力がいる楽器だという事をやっと知りました。伊澤さん(一葉さん)が筋トレにハマっているのもそういう事なのでしょうか(?)

ちょっと話変わりまして、いまサッカーJ2コンサドーレ札幌の躍進に夢中です。今年は調子が良くJ2優勝の可能性が非常に高いです。そうすれば来年はJ1へ昇格し戦うレベルがアップします。それはそれで厳しい事ではあるのですが、目標クリアしてさらに高い目標を持てる事はポジティブな事です。一つのチームを応援して気づく事は、色んな選手スタッフがいてサポーターがいて成績の浮き沈みもあり調子の良し悪しもあり、平日の練習、週末の試合、生活をかけた勝負、スタジアムの一体感、大きな感動を共有する素晴らしさ、、などなど。実はサッカーチームはバンドと通じ合う点が多いのでは?と思ってきたのです。サッカー人生における哲学みたいなのも好きなので選手監督のインタビュー読んだりもしてます。努力家のインタビューは特に参考になります。


そんなこんなで今年もあと2ヶ月。
金木犀の香りがして秋です。秋最高。
カメダの発表済みライブスケジュールをまとめました、各地でお会い出来たら嬉しいです!

10/9 オワリカラ@ミナホ
10/14大森靖子@名古屋クアトロ
10/15大森靖子@仙台マカナ
10/17石崎ひゅーい@渋谷ラママ
10/21シシド・カフカ@名古屋ell.Fits all
10/23オワリカラ@新宿モーション(モーモールルギャバン)
10/29大森靖子@札幌ペニーレーン
10/30オワリカラ@高円寺フェス
11/4シシド・カフカ@心斎橋FANJtwice
11/6オワリカラ@大塚YOIMACHI2016
11/7シシド・カフカ@恵比寿リキッド
11/10大森靖子@大阪BIG CAT
11/11大森靖子@松山サロンキティ
11/18大森靖子@ZEPP TOKYO
11/22オワリカラ@恵比寿リキッド(クーラシェイカー)
11/24オワリカラ@名古屋アポロベース
11/25オワリカラ@下北沢ERA
11/26オワリカラ@吉祥寺シルエレ
12/11オワリカラ実験惑星@京都ナノ
12/13オワリカラ@恵比寿リキッド(サンフジンズ)
12/18オワリカラ実験惑星@下北沢クラブキュー


体調に気をつけて音楽を楽しみましょう! もちろん僕も楽しみます!

夏の終わり

7月のまとめを書こうと思って随分と日が経ってしまいました。

暑かったり雨風が強かったり今年の東京の夏は天気がころころ変わりますね。上京してからは夏の終わりから年末までがあっと言う間に過ぎて行く気がします。

北海道では短い夏の終わり際から冷たい風が吹き始めて少し長めの秋に突入します。もう肌寒くて衣替えする時期なんですが、心のどこかで「待ってる」って気分がずっとあるんですよね。何を待ってるかと言うと冬になって雪が降るのを待ってるんです。雪が降ったら冬がちゃんと来たって思ってダウンコートとか最強の防寒具を引っ張り出すんです。それで冬だなって実感します。
だから上京してからはそのコートを着出すタイミングに困り続けてて街の感じに合わせてますが、全然しっくり来ないですね笑

上京した時は雪積もってないのにダウン着る人がいる事に驚愕しました。意味ないじゃん!って思いました。意味無くは無いんだけど笑


何の話しだ笑
振り返る話に戻します!

7月前半はオワリカラツアーで大阪〜福岡〜札幌〜仙台といって東京一本経てつくばロックフェスとライブ尽くしでした。つくばロックフェスはやはり最高ですね、もはや夏には欠かせないイベントです。オワリカラは結成8年経って各地に恩を返したい人達がいるのですが、つくばロックフェス主催イコウガさんはじめ水戸の皆さんには本当に良くしてもらっています。今のオワリカラが続いていられる理由の中でも重要なピースであると思っています。本当に感謝しかありませんm(__)m


7月後半で印象の残ってるのは観にいった石崎ひゅーいさんのワンマン@東京キネマ倶楽部。本当に素晴らしいライブでした。ひゅーい君はどこか面白い人で一度知り合ったら気になっちゃう存在感がありますね笑
4年程前に徳島で対バンした事があったのですが特に交流は無くて。でもお互いにその時の事すごく覚えていて不思議。明日一緒にsweet love shower2016で演奏させていただくのとても楽しみです!

いまは福島県奥会津の奥ロックに向かっています!雨が心配ですがカフカさんは晴れ女らしいので信じて頑張ります笑


8月のオワリカラフェス巡業のことや9月のワンマンツアーに向けての思いについてはまた改めて!では!

6月も終わりまして

あっという間に6月が終わってしまった!
まずは5月から始まったシシド・カフカさんのツアーが6/26に無事ファイナルを終えました。
全国9公演のワンマンツアーでメンバー、スタッフさんと共に移動し共に食事し共にライブを頑張り共に打ち上がり共に反省し共に成長し、と家族のような近さで大変楽しい時間を過ごさせていただきました!北海道のジンギスカン美味かった〜
スタッフさん含め人情味のある人ばかりで(ゲイリーとかリーダーとかチョルさんとか、あだ名があると仲良くなれますよね 笑 )最後は皆で終わる事を寂しがりましたよ。
カフカさんの東京ワンマンは去年一度参加させてもらったのですが、今回は各地を巡りつつ客席との距離が近い会場も多くて。特に感じたのはカフカさんがお客さんに愛されているなぁという事とお客さんの声援の素晴らしさでした。
それはひとえにカフカさんの丁寧かつ一生懸命な人柄が為せる空気感(演奏する姿やMCしてる姿含めて)だと思いましたし、お客さんがカフカさんに対して最高!とか楽しいよ!っていうのを素直に伝えているのが気持ち良い現場だなぁとずっと思っていました。
カフカさんという素晴らしい音楽家とサポートメンバー男三人で今回なかなか良いバンドを組めて沢山の時間を過ごせたのも特別な経験になりました、本当にありがとうございました!


さてとて
そんな中オワリカラのツアーは始まり只今岡山から福岡へ移動のために爆走しております!こちらも非常に良い感じで、好きな音楽で対バンやお客さんと共有できる思いがあったり、一生懸命考えたりできる喜びを感じつつ回っております。
7月もあっという間に過ぎてしまいそうですが、夏バテしつつ(笑)頑張ります!

ではまた!



カフカさんと僕の誕生日が近くてファイナルの打ち上げでケーキ頂きましたっ



2016年5月

オワリカラの新譜が出て、プロモーションやレコ発ワンマンをどっさり駆け抜けました。

アルバムを買っていただいた方、ワンマンに来ていただいた方、ありがとうございました!
そして今回のリリースまでにオワリカラの活動を手助けしていただいた方々ありがとうございました!


沢山のスペシャルサンクスがありますが、個人的には心へこたれそうな時に観た「トゥルルさまぁ〜ず」のさまぁ〜ずさん、あびる優さんに感謝しています。笑い泣きして癒されました、ありがとうございましたm(_ _)m


プロモーション時やリリース後の反応が良く、嬉しいものがありました。
頑張って制作したので。
レコ発ワンマンでも今夜のまものを演奏中に、ああ届いてるなあと思って正直一瞬満たされた気持ちになりました。


が、そのあとはライブの反省とこれから始まるツアー、さらなる新曲作りについて考え頭や手を動かす日々です。

眠れぬ夜

眠れぬ夜なのでブログ書きます。


2月末にメジャー発表してからしばらくはアルバム制作に気が気でない日々でした。
発表後一発目のライブは2/28のみんなの戦艦で、まだCDも完成してないうちに発表してライブかあることに不安な気持ちがあって久々にプレッシャーを感じていました。

3月の一週目は自宅録音が大詰めで毎日朝まで作業して胃がキリキリ。そのままMV、アー写撮影、そして東京見放題へなだれ込む。
その後1週間はアルバムのミックスの直しを何パターンか聞いてビーハプサーキットの時にエンジニアのまきお君と初めて会って挨拶できて、また直してもらったりしてマスタリングの前日頃にやっと完成。ベースがしっかり聞こえる音像にしてもらった。
マスタリングではハイを伸ばしてきらきら感を出してもらい、ついに完成。
直前の怒涛の追い込みで心穏やかでなかったので出来上がってまず安堵しました。

水戸新宿のライブで手ごたえを感じつつ、サポートのシシド・カフカさんのスタジオも入り込んで来てスタジオ漬けの日々に突入。
その分を癒すようにさまぁ〜ずの動画を見るようになる。

4月。スタジオ、ライブって感じで札幌、下北、仙台、新宿、アラバキがあっという間に過ぎました。あがたさんとのアラバキはとっても寒かったけどマジックがあった。奥田民生さん、サンボマスターさんの良いライブも観れてとっても刺激的でした。

5月。いよいよリリース日が近づいてきた。

メジャーアルバムリリース

気づけば、、あけましておめでとうございます。

2016年に入って新作に関する諸々で慌ただしく過ごしています。
解禁です。

オワリカラは2016年5月18日にNEW ALBUM「ついに秘密はあばかれた」を徳間ジャパンよりメジャーデビュー盤としてリリースいたします。

と、言いつつ音楽業界特有のせわしなさに追われ発売の本決定も今年に入ってからながらまだレコーディングをやっている最中です。

メジャー盤といえばさぞかしガチガチな体制で作られると思いきや、我々の場合はギターや鍵盤アレンジのダビングは各自でしてデータのやりとりで組み上げています。
四人で集まってのリズム録りは先日終了したので、残すはウワモノとボーカル録音です。


僕は自宅で絶賛鍵盤作業中です。オッケーテイクを出しても信じられるものは己のみ。弾いて録る。知恵をふりしぼり、アイデアを試し、弾いて録る。その繰り返しで自分と闘う日々です。


作業しながら納得できる作品とは何か?
と自問します。

デビッド・ボウイ然り、志村正彦然り、
美学を持ち続けた人の魂は作品に宿っていました。



#
正直なところ、アルバムの制作作業に関して今は良いと思える部分とまだまだと思う部分が半分くらいある状況です。
自分の作業のリミットはあと一週間ないし5日間位。
音楽人生で最も勝負の時です。
このアルバムが成功するかどうかでバンドの、自分の、人生が変わるからです。

前にあるバンドの人に言われた事がずっと忘れられません。
「メジャーデビューは一回しか出来ないからな」
その人は今はデビューしたバンドを脱退して見かけなくなってしまいました。
厳しい世界です。
ゆえに自分にはもっと厳しくなければ。



#
録音が完了し、アルバムが完成したら報告するので、まずは喜びをわかち合いましょう。

そして発売を待ちきれなくなるまで待ってから聴いてもらって、レコ発ワンマンからのリリースツアーをおおいに楽しんでゆきましょう。



オワリカラを応援してくれている皆さんにはとても感謝しています。
まだまだ勝負の途中ですが、今後ともよろしくお願いいたします。


オワリカラ カメダタク

2015→安部公房→2016

2015年に関わってくださった皆さん、見守ってくださった皆さん、ありがとうございました。



最近、音沙汰無し男の僕ですが家でとにかく音楽を作っています。ご安心を。目下邁進中でございます。



さいきん安部公房にまたハマりだして読んでいます。

安部公房はピンクフロイドのファンで日本で最初にシンセサイザーを手に入れた三者の内の一人なんですよ。(他二つは冨田勲とNHK音響)

公房のシンセは舞台の効果音で使うのがメインだったようですが、彼のイマジネーションが音で表わされていると思うと非常に興味深いです。語り口も面白いのでインタビューや昔の講演のテープを見つけて聴いたりしています。



はじめはEMS SYNTHI AKSだったようですが、後にKORG MS-20も手に入れたようです。



やっぱりシンセって最高ですね。

シンセの事を思うと胸が高鳴ります。

愛しいです。

一人の世界で愛しい、というか。

他人と共有して楽しむものではない愛しさですね!

誰に語らずとも自分の中の愛しさを育て続けることが喜びですね!

その気持ちを安部公房も持っていたんじゃないかと!うおおお



この箱男についての語りも面白いです。面白いので僕はお風呂に入るときのお供にしています。





こんな感じですが来年もよろしくお願いいたします!



ではよいお年を〜














calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
music
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

インディーズバンド試聴サイトaudioleaf